親知らずを抜きました

以前親知らずを抜きに行ったけど抜けなかった話を書きました。

あれから再度予約をとり、一本ずつ親知らずを抜いてきました。今は口の中に親知らずは一本もなくなりましたが、彼らのいた場所にはまだ穴ぼこがあいている状態で歯磨きがめんどくさいです。私も手術前に様々な体験記を読み漁りましたのでこれから抜く覚悟を決めた戦士たちの参考になればと思っています。

大学病院を再訪問

予約日に大学病院に再訪問しました。お日柄もよく絶好の親知らず抜歯日和だったのですが、ひとつ問題が・・・。

普通に抜歯すると麻酔を注射している段階で過呼吸になってしまうサルシジミは静脈鎮静という眠っている意識のない状態で治療してもらう方法を選んだのですが、術後はふらついてたりするので付き添いの人をできれば連れてきてくださいと言われそれを夫に頼んでいたのに急の仕事で来れないことに・・・。知り合いが夫ぐらいしかいないので他に頼める人もおらず、一人で病院に向かうことに。最悪DIDIでタクシー呼んで帰るかーとか思いながらとぼとぼ病院に向かいました。

即!手術台へ!

受付したら1分ぐらいで即手術台へ寝かされ、この日はお昼の手術だったので昼ご飯抜いたか、1時間以内に飲み物は飲んでないかの確認をされて鎮静剤の準備へ。胃に食べものがあると眠っている間に吐いたりして危険らしいです。

左側に点滴が用意され、指と腕に脈拍と血圧を測る機械を取り付けられます。点滴の針を刺されて

「今から眠くなるお薬入れていきますからね~。腕がちょっと変な感じしますよ~」と言われお薬を点滴の針から注入されます。直後に腕がぎゅーっとしめつけられるような感覚があり、

「痛いですね・・・。あ、いい感じになってきました~・・・・」

「・・・・・」

「・・・・・」

「・・・・・」

「サルシジミさん、起きてくださ~い」

先生に腕をパシパシ叩かれて目が覚めました。起きて右を見ると粉々に砕け散った歯が。左の頬っぺたと唇は麻酔がガンガン効いてて顔が変な感じ。「立てる?」と言われヘロヘロになりながらベッドに寝かされそこで2時間ほど爆睡。目が覚めたころに先生が来てくれました。

「なにも覚えてない?明日は近所の歯医者さんに行って消毒してもらってね。抜歯もそこで予約してね。痛み止めは麻酔が切れる前に飲んでね。お疲れ様。」

それぐらいの会話をして痛み止めをもらって帰宅。会計は手術だけで5,500円くらいだった。帰りに明日の消毒の予約を入れる。今考えるとどんな手術だったかとかもっと聞いとけばよかった。てか説明してくれよ。

手術0日後

何をされたかわからない恐怖でどっと疲れ何に使うか説明されてないガーゼ3枚を握りしめながらこの日は眠りにつきました。この時は痛みはほとんどなかったです。

手術1日後

親知らずの直りは休養が大事とどこかでみたので2日は会社を休むことに。この日は朝から歯医者の消毒の予約があったので近所の歯医者へ向かう。「きれいに手術されとるね~」の先生の言葉でやっと安心。「痛い?」と聞かれたが「全然痛くないです!」と元気に返す。このときほんとに拍子抜けするぐらい痛くなくて「親知らずめっちゃちょろいや~ん」と余裕ぶっこいてました。痛み止めでもらったボルタレンも飲み忘れてたほど。500円ほど支払う。この日は安静にすることに決めてたので家でホライゾンゼロドーンを夕方までやってスーパーに夕飯の買い出しへ。晩御飯食べてたらなんかズキズキしてきた気がしたのでボルタレンを飲んでみる。顔がちょっと腫れてきたかもしれない。

手術2日後

この日も朝から休み。朝から我慢できないほどの痛みでボルタレンを投入。大学病院で6錠(2日分)しかもらえなかったので近所の歯医者に追加でもらいにいくが、ここでも最大6錠しかもらえずなくなったらまた取りに来てねと言われるものの毎回仕事を遅刻か早退しないといけないので厳しい。

ボルタレンを飲むがなかなか聞かず30分ほどうずくまる。痛い、何も考えられないくらい痛い。切られたとか打ったとかではなく内側来るどうしようもない痛さ。痛みの玉を親知らずと交換に入れられたような玉からくる痛み。

じわじわマシになって完全に効いたわと思ってから1時間ほどでまた痛み再発・・・。飲んでから6時間は空けるよう言われていたが持って4時間。飲まずにいるとまた玉が熱を持ち出し痛い・・・。我慢できず4時間置きにボルタレンを飲む。

手術3日後

痛みで5時に目が覚める。ボルタレンを飲んで少し眠り、今日から出社。5時に飲んだのに9時に薬が切れるので10時まで我慢しボルタレンを飲む。この日からあと何時間で薬が飲めるかの計算を常に気にするようになる。「次飲めるのは4時か~」と思いながら仕事をするも耐えられず3時にまた飲む。ボルタレンには4時間ほどの力しかないことがわかってきた。

手術4日後

薬が切れてこの日も深夜に起きる。ボルタレンがないので家に余っているロキソニンを飲み始める。20錠くらいはあったのでこれでいけそう。ロキソニンは効きが結構早く、効き始めは痛いところがズクンズクンとうずきだすのでわかりやすい。ロキソニンも効いて5時間。一日5錠ほど飲む。夜飲むときは「これ飲んだら目覚めるの3時くらいか~」と思いながら飲む。術後初めての週末だが家で休養して過ごす。

手術5日後

この日も薬が切れて深夜に起きる。毎日いろんな神様にお願いする日々。「ロキソニンの神様、この痛み早く消してください。お願いします。」と祈りながら口に入れる。この日もどっこもいけず過ごす。楽しみはご飯ぐらいなのでギンギンに薬が効いてるときに好きなものを食べる。

手術6日後

この日も2時に一回起きる。この日は歯医者で抜糸をする日。糸を切るのが結構痛い。もらえる痛み止めは全部もらいたいのでボルタレン6錠(1.5日で飲み切ってしまう)をもらって帰る。500円くらい支払う。会社に行きいつも通り痛み止めのスケジュールを組みながら過ごす。

手術7日後

この日はなんとか朝まで寝れた。薬を飲んだ時間が良かったのかな。ボルタレンもロキソニンももうすぐ底を突きそう。引き続き痛い。

手術8日後

痛くて3時に目が覚める。痛み止めが今日の分もないので朝一に歯医者へボルタレンをもらいに行く。ボルタレンのために1時間ほど遅れて出社しているので遅刻常習犯となってきている。この日親知らず生活の中で神とも呼べる存在に出会うことになる。

会社終わりに月一でニキビの治療をしている皮膚科へ行く。ネットで関係ない薬もお願いすれば出してもらえるかもしれないという情報を仕入れたので先生にダメもとで

「ニキビ関係ないんですけど、親知らずを抜いて痛くて眠れなくて、歯医者さんはちょこっとしか薬くれないのでロキソニンをもらえないでしょうか・・・」

と聞いてみると

「歯医者はとんぷくしか出してくれないもんね~痛いでしょう?どれくらい?ボルタレンもあるよ?1週間分21錠でいい?」

神様ここにおったんや・・・。前から好きな先生だったのでさらに好きが加速。よかった・・・助かる・・・・!!!そう確信できた瞬間でした。

効き方がロキソニンの方が好きだったのでロキソニン21錠をいただいて帰る。ドラッグストアで12錠750円が21錠200円でゲットできてごきげんだったが、PayPayで支払ったことで全額戻ってくるという奇跡も起こる。追い風吹いてきたで~。

手術9日後

この日も朝まで眠れるが朝から痛い。マシになっている気はするが痛み止めは手放せない。

手術10日後

このあたりからやや症状が軽くなるのを感じる。手術してから2回目の週末。痛み止めをたんまり持ってキャンプへ出かける。痛いことは痛いが痛み止めが切れてなにもできなくなるような痛みはこのころからなくなる。

手術11日後~

痛み止めなくても生活できるくらいには回復。まだ歯磨きには気を遣う。親知らずがなくなった箇所が空洞になっているのか口を動かすとパコパコする。

手術20日後~

親知らずを抜いたあとにできた穴ぼこに肉が埋まってきている。食べ物がつまるので早く埋まってほしい。術後の傷は完治しているといっていいと思う。

抜歯後のごはん

先生が特に何も言ってなかったので当日は気を使いましたが痛くなかった1日目は普通に食事しました。ほんとに痛いときは何も食べられなかったんですが3日後くらいからは普通に食事してました。

抜歯後の歯磨き

直後は怖くて触れませんでしたが、2日後くらいからヘッドが小さな歯ブラシで鏡を見ながら磨いてました。今も親知らずがなくなったところと奥歯の間に溝がありますがそこはウォーターピックでカスを除去して歯間ブラシで一番奥の歯の側面を磨くようにしてます。

親知らずを取ってみて

ほんとになくなったのかわからないほど実感はないです。小顔効果とか言われますが、気持ちシャープになったかなというぐらいであんまり効果はなさそうです。骨にくっついていて骨を削ったのですが、年を取ると骨が固くなって手術が大変になるそうなのでいつか取るなら若いうち、休みが取れるうちがオススメです!私は妊活をしたいので妊娠中に親知らずになにかあると嫌なので今回決断しました。この後もう一個の親知らずも抜きましたが同様の痛みが10日は続きつらい思いをしました・・・。静脈鎮静なら全く怖くないし費用も大したことないので不安な人はお医者さんにまず聞いてみましょう。