ひとりぼっち卒業!社会人になって出会いがないと悩んでいた私が上京して友達を作った方法

社会人になると社会人マナーや仕事、上司との付き合い方など・・・覚えることがたくさんあり、プライベートの時間も限られてきます。しかも残業の日々が続くと週末も体を休めるだけで特になにもせずに終わることもしばしば・・・。私も関西から上京してきたばかりのころは友達もおらず、仕事と家の往復で週末は海外ドラマ一気見で終わることがよくありました。そんな暮らしも楽しいと言えば楽しいのですが、「こんな生活で友達とかできるの?」「そもそも彼氏とかどうやって作るれば・・・」と一人暮らしを満喫しつくした頃に感じ始めました。大人になるほど友達を作るのって難しいんですよね。

自分が変わらないと出会いは生まれない

もともと友達が多いほうではなかったので、コミュニケーションも得意というわけではありません。なので会社でも仕事仲間止まりでそれ以上の関係になることはまずなく、会社ではうまくやるけどプライベートでは一人の日々が続きました。最初は「自分の性格だから仕方ないかな」とも思っていましたが、ここは東京。誰も頼れる人がいません。このまま10年、20年一人で過ごしていくのかと大きな不安が襲ってきました。

この「上京」という機会に自分を変えてみようと思い始めました。上京前とは違い、親や幼馴染にすぐ会える環境ではないので、誰にも甘えず自分で環境を作っていくしかない。今までの性格では友達やましては恋人なんてできるはずがないんです。社会人、上京という大きな変化の中で自分も変わる必要が出てきたんだなと思いました。

まずは身近な社内を見渡して

まずは人との交流を増やすにはどうすればいいか。社会人で多くの人と出会う場といえばやはり会社ではないでしょうか。社員数の少ない会社、多い会社いろいろあると思います。私はどちらも経験しましたが、やはり社員数の多い会社の方が出会いの数も多いですし、飲み会などで交流する回数も多くなります。部署の新年会、忘年会、歓送迎会や他部署の人とのプロジェクトの打ち上げなど部署をまたぐ仕事が多いほど交流も増えていきます。

いざ飲み会!でも何を話せば・・・

ここで重要なのが、どう振舞うべきか。お酒を注ぐ、みんなの注文をまとめるなどスタッフとして立ち回っては最悪です。何かしている気になるだけで結局誰ともまともに話せなかったという結果になりかねません。では、どうすればいいのか。私のおすすめはまずは一対一で話せそうな人を見つけて自分から話しかけましょう。友達と二人では話せるけど、友達の友達が来ると急に離せなくなったりしませんか?私は3人以上になると変に気を使ってしまってなかなか会話に入れなくなりがちでした。

人と交流するという苦手なことをしようとしているときにさらに苦手なことにチャレンジする必要はありません。まずは、一対一で話せる人を見つけて何か質問をしてみてください。「どこの部署なんですか?」や「こういう飲み会ってよくやるんですか?」とか相手が応えやすい質問から投げてみます。向こうからも質問が来たらもう会話としては成り立っています。どんどん質問して共通点を見つけ、また知らないことは興味を持ってどんどん突っ込んでみましょう。

社会人の飲み会で自分を出すのが不安、失敗するかも・・・

私が社会人になって飲み会で交流するときに不安だったのは「変な人と思われないかな」「会話が続くかな」といろいろ考えては憂鬱になっていました。また飲み会の帰り道であんなこと言わなければ・・・と酔った勢いの発言で自己嫌悪に陥ったり。まず自分のことをどう思われるかは気にしすぎずできるだけ自分を出した方がいいです。無理にはしゃいだり、変に言葉を選んだり、本来の自分と全く違うキャラクターと認識されるとあとでしんどくなります。

恋愛でもそうですが、ありのままを好きになってくれる人と付き合ったほうが楽ですし、幸せです。そして、会話が続かなくなったら会話しなかったらいいんです。無理に会話しても結局続かないんですよね・・・。とにかく自分から話しかけるのをやめないことが大事です。会話をこなすことで話の要領がつかめてきたり、すごく波長が合う人が見つかります。その人と楽しい会話だけを楽しめたらいいんです。

そして飲み会後の自己嫌悪に陥らないためには飲みすぎないことが一番です。自分の中でブレーキがしっかりとかけられる酒量を自分で知っておいた上で飲み会などの出会いの場に行きましょう。社会人であれば、行動はすべて自己責任です。私は飲み会で口を滑らして減給ということが実は過去にありました。酔っぱらってるくせにみんな覚えなくていいことしっかりと覚えてたりするんですよねw

飲み会に行きまくって友達が二人できた。そして新しい出会いも

私は会社の飲み会にいくつか参加した結果、他部署の男性二人と仲良くなることができました。社内に友達がいるだけで飲みに行く約束ができたり、ランチを一緒に食べたり、他部署の話を聞いたりとリラックスできる時間が格段に増えました。ちょっとした相談や愚痴を聞いてもらえるのもストレス発散になってその会社は長く務めることができました。無理にクラブや相席居酒屋などに行って出会いを作るより、社会人になったらまずは社内で友達を作ってみることをおすすめします。その人が参加する飲み会に誘われたり、行きつけの居酒屋に一緒に行ったりすることでさらに出会いが広がります。

やっぱり恋人となる人と出会いたいという人にはアプリがおすすめ


でもやっぱり彼女、恋人がどうしても欲しいとい方はアプリがおすすめです。私の周りでも社会人になって出会いがないと言っていた人がアプリで出会って結婚するパターンが最近増えてきています。アプリって出会い系と一緒にされることがよくあるのですが、実は結婚を前提とした婚活アプリもあるので真剣交際をしたいという方は婚活アプリをおすすめします。それに一対一なので話がしやすいですし、「出会いがない社会人」という共通点があるので話題もそこから切り出せば話しやすいのではないでしょうか。私の周りで断然評判がいいのは「Pairs」です。

恋人まで平均4か月!利用率No.1アプリ「Pairs」
  1. 検索機能、コミュニティ機能で相手を探しやすい
  2. 登録者数が多いので出会いの数が豊富
  3. ニックネーム表示だけど本人確認が必須で安心
Pairsは手軽に始められるのが特長ですが、相手と交流する前に本人確認が必須なので安心に利用できる婚活アプリです。利用者数がも婚活アプリを選ぶ上で重要です。利用者数が多いということは出会いの数が多くなり、自分に合う人がいる確率も高くなります。プロフィールも細かく設定できるので、会う前にじっくり吟味できるのもポイント高いです。

社会人の出会いは身近にある!ひとりぼっちを卒業しよう

上京してひとりぼっちで寂しい思いをしているのは一人ではありません。社会人になって東京で出会った人は地方出身者が結構多く、たまたま同郷の人と知り合うと妙に親近感が湧いて会話も弾みます。まずは、会社という毎日自分が通う場所で出会えるように自分から飛び込んでみましょう。そして。恋人がほしくなったらPairsのようなアプリを使ってみるのもおすすめです。最近はアプリでの出会いというのも一般的になってきたので恥ずかしくもなんともないです。社会人は自分次第で仕事や人間関係を変えられるので是非エンジョイしていきましょう!